【長引く夏風邪】咳、鼻水、発熱、下痢がいつまでも治らない!知っておきたい対策

風邪の中でも特に夏に引くものを「夏風邪」と呼びます。夏風邪は咳、鼻水、喉の痛みなどの症状がだらだらと長引きがち。一体なぜなのでしょうか?今回は、夏風邪が長引く理由と対策について、また夏風邪以外に考えられる病気について詳しく見ていきましょう。

夏風邪の鼻水や咳が止まらない!一体なぜ?

夏風邪で長引く喉の痛みや咳に悩まされる人も多いはず。夏風邪を長引かせる原因と、その種類について知っていきましょう。

 

夏風邪が基本的に長引く理由

そもそも風邪は、体の抵抗力が弱まっているときにかかりやすくなります。夏はエアコンの効いた屋内と屋外との気温差が激しいため、自律神経が乱れがちです。

 

また暑さによる食欲不振が体力低下を招き、疲労がたまった状態が続くと、風邪の原因となるウイルスを排出する機能もうまく働きません。これが夏風邪が長引きやすい原因だと考えられます。

 

大人と子供がかかりやすい夏風邪は少し違う

一般的な風邪のウイルスは200種類以上あり、寒さや乾燥した状態を好みます。しかし夏風邪の原因は、高温多湿を好むウイルスの場合が多くなっています。代表的なものが「エンテロウイルス」「アデノウイルス」。この2つは特に抵抗力の弱い子供がかかりやすいウイルスです。

 

一方、大人がかかりやすいのが「ライノウイルス」。こちらも高温多湿を好むウイルスですが、咳や喉の症状は出にくく、高熱や鼻水が主な症状となっています。

 

夏風邪の主な症状を抑えるには

夏風邪の主な症状には喉の痛みや咳、鼻水、腹痛などがあります。これらの症状は免疫力の回復を遅らせ、風邪を長引かせるという悪循環になってしまいます。つまり、まずは喉の痛みや咳の症状を抑えることが重要なのです。

 

喉の痛みには生姜が効果的

生姜には咳・鼻づまりを抑える成分が含まれています。生姜の絞り汁やすりおろしたものを紅茶に混ぜて飲むと、喉の痛みが緩和されたり、痰を出しやすくなります。このほか殺菌作用や咳どめ効果もあります。

 

寝る前の処置が大事

体力・免疫力の回復のためには、寝る前の処置が重要です。寝ているあいだに咳が出ないよう、寝る前に咳止めを飲むと効果的。また、寝る前にビタミン剤や栄養剤を飲むのもおすすめです。寝ている間に最大限体力の回復をはかるようにしましょう。

 

下痢止めは逆効果

下痢の症状は、夏風邪の原因となっているウイルスを排出しようというはたらきです。そのため、むやみに下痢止めを使ってしまうと体内でウイルスが増殖し、かえって治りが遅くなってしまうことがあります。とはいえ下痢が何日も続くと脱水症状を引き起こす恐れもあるので、病院で診察を受けましょう。

 

普段の生活を改善して夏風邪予防

夏風邪を予防するためにはウイルスを避けることはもちろん、体力・免疫力の低下を防ぐ必要があります。そのためには規則正しい生活を送ることが大前提です。夏風邪を予防するためのポイントを見ていきましょう。

 

ウィルスへの感染を予防する

  1. ウイルスに接触しないようにする

ウイルスに接触しないためには外出を控えることが一番ですが、実際にはそうも言っていられませんね。夏場でも外出時のマスクの着用を意識しましょう。

 

  1. 接触してしまった場合は、感染を防ぐ

ウイルスに接触してしまっても、感染を防ぐことは可能です。ウイルス感染の予防にはうがい・手洗いの励行が基本中の基本。うがい・手洗いは冬でも夏でも変わらず重要ですので、外出から帰った後には習慣づけたいですね。

 

そのほかにも、トイレや洗面所のタオルはこまめに変えるようにしましょう。濡れたタオルではウイルスが繁殖しやすいためです。

 

免疫力を低下させないコツ

栄養と休養をしっかりとろう

免疫力を保つためには、栄養と休養をしっかりとることが大切です。スタミナをつけるにはにんにくやニラを使った料理がいいでしょう。また乳製品に含まれるタンパク質には、免疫を活性化する効果がありおすすめです。

 

夏は食欲も低下しがちですが、無理のない範囲で食事はしっかり摂りましょう。食が進まない場合はおかゆにしたり、ゼリータイプの栄養補助食品で補う方法もあります。そして早めに寝て体力を回復するようにし、体調が悪いときは無理をしないことが大切です。

 

急激な温度変化に注意

急激な気温の変化も免疫力を低下させやすいので、冷房の効いた室内と屋外の行き来が多い場合などは注意が必要です。冷房の効いた屋内では、薄手のカーディガンを羽織ったり冷たい飲み物をとりすぎないようにしましょう。夏でも足元をあたためるようにしたり、腹巻きを使って冷えを防ぐのはおすすめです。また直射日光に長時間当たることは避けてください。

 

いつまでも夏風邪が長引くときは他の病気かも?

もともと長引きがちな夏風邪ですが、特に咳や喉の痛みがだらだらと続く場合は他の病気の可能性が疑われます。具体的に夏風邪と間違われやすい病気を見ていきましょう。

 

咳喘息

もともとアレルギーを持っている人が発症することが多く、夏風邪をひいてから2~3週間以上咳が続くようなら要注意です。気道が炎症を起こしてしまっているかもしれません。女性に多く発症し、また再発を繰り返すという特徴があります。

 

喘息同様、刺激に対して過敏になり空咳が続きます。とくに明け方に多く、温度差でも咳が出やすいです。

「喘息」という名前がつくものの、ヒューヒューという喘息特有の症状は出ません。しかし咳喘息が喘息へ進むケースもあるため、しっかりと治療する必要があります。

 

夏型過敏性肺炎

夏型過敏性肺炎とは、カビが原因で起こる肺炎です。夏場はカビが繁殖しやすい時期のため、知らず知らずのうちにアレルギー反応を起こす場合があるのです。病院でも判断しづらく、自覚がない場合がほとんどです。

 

毎年夏になると咳がひどくなり、しかもずっと続くという場合は、夏型過敏性肺炎が疑われます。子どもにも症状が現れる病気なので、夏休みに家にいる時間が長かったり、もともとアレルギー体質の場合は特に注意が必要です。

 

カビが繁殖しやすい場所は、お風呂場、洗濯機、エアコンの内部など。予防のためにはこまめな掃除を心がけましょう。

 

細菌性肺炎

もともと肺に持病があったり、煙草を吸う人や高齢者がなりやすい病気です。肺炎球菌やインフルエンザ菌が原因です。そのほか、高齢者の場合は誤嚥(ごえん)が原因となることもあります。

 

この菌は気管支炎を起こしたうえ、肺へ入り込み重症化しやすいという特徴があります。症状としては咳やねばっこい痰のほか、発熱・胸痛がみられることも。重症化すると呼吸困難や意識障害を起こすこともあるため、早めの治療が肝心です。

 

マイコプラズマ肺炎

しつこく長く続く咳のほかに、熱がなかなか下がらない場合はマイコプラズマ肺炎を疑いましょう。マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという菌が肺に感染して起こります。肺炎のように聴診器で聴いたときの特有の音がないため、見た目では判断しづらい病気です。潜伏期間が2~3週間と長めなので、まわりにマイコプラズマ肺炎と診断された人がいる場合は注意してください。

 

一度かかると繰り返すことが多く、幼児から老人まで感染します。発疹が出たり中耳炎を併発する場合もあります。
これらの中で思い当たる症状がある場合は、安易に夏風邪と自己判断せず、病院で診察を受けるようにしましょう。