今最も研究が盛んに行われているALSを知ろう【原因・症状】

ALSの原因や症状を知って、ALSについて詳しくなりましょう。ALSに苦しんでいる人は、世界中で12万人いると言われています。私たちにとってはあまり聞きなじみのない病気かもしれませんが、近年研究が盛んに進められています。

als

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をあなたは知っていますか?

ALSと聞いて、あなたは何の病気かすぐに分かりますか?ぱっと思いつく方は少ないでしょう。ALSとは、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロンが侵される病です。

運動ニューロンが侵されると、手足、喉、舌など身体中の筋肉や、呼吸に必要な筋肉が徐々に痩せていき、力がなくなっていきます。そのとき、身体の感覚や知能、視力、聴力、内蔵機能は健全なままです。有効な治療法はまだ発見されていない難病で、世界中の12万人、国内でも9千人がALSで苦しんでいます。発症してからの平均寿命は3~5年です。

 

世界中で流行ったアイスバケツチャレンジ

一時期、アイスバケツチャレンジというものがニュースなどでも取り上げられていました。アイスバケツチャレンジとは、ALS啓発活動の一つです。オバマ大統領やケネディ一家など、著名な方々も参加しました。

ルールは、①指名されたら、バケツ一杯の氷水を頭からかぶるか、ALS団体に寄付をする。②友達を3人指名してチャレンジを促す。といったものです。氷水をかぶるのは、目を覚ましてALSの現状を知ろうというメッセージが込められています。

 

ALSの症状

 

初期

手足の力が入りにくくなる

ALSの患者の75%に、この症状が初期症状として現れます。箸が持ちにくく感じたり、重いものを持てないといった症状や、手足の腫れ、筋肉の痛みや突っ張りなどの症状を自分で感じるようになります。

 

球麻痺

話しにくくなったり、食べ物が飲み込みにくくなることを球麻痺と言います。25%の患者が初期症状として球麻痺が出現し、次のような症状が現れます。

 

【コミュニケーション障害】

舌の動きが思いどおりにならず、言葉が不明瞭になります。特に、「らりるれろ」「ぱぴぷぺぽ」の発音がしにくくなります。

 

【嚥下障害】

舌や喉の筋肉が弱くなってしまうため、食べ物や唾液が飲み込みにくくなります。むせることも多くなります。

 

症状が進むと

運動、コミュニケーション、嚥下、呼吸の4つすべての症状が現れるようになります。たとえば、運動障害が最初に現れた患者の場合は、次第に手足がやせて力が入らなくなっていき、歩いたり動いたりすることが困難になっていきます。さらに症状が進むと、食べ物を飲み込んだり、言葉を発することが難しくなっていきます。食べ物が飲み込みにくくなると、チューブで栄養をとる場合もあります。だんだんと全身の筋肉の力が弱くなり、自力では起き上がれなくなってしまいます。

また、呼吸障害も出てきます。夜あまり眠れなくなったり、頭が重いと感じるのは呼吸を行う筋肉が衰えているサインです。症状が進むと、仰向けでは眠れなくなったりします。さらに症状が進むと、自力では呼吸がうまくできなくなり、人工呼吸器を使わないといけなくなります。

 

ALSの初期症状チェックリスト

以下の症状に当てはまるか、チェックしてみましょう。

  • 足、腕、手が痺れる
  • 腕が上がりにくい
  • 足がよくつる
  • 就寝時、息苦しさを感じる
  • 少しの運動で疲れやすい
  • 転びやすい
  • 手で物をつかみにくい

当てはまる症状があったら、一度神経内科を受診することをおすすめします。

 

ALSの原因

ALSの原因はまだ分かっていませんが、神経の老化と関連があると言われています。また、グルタミン過剰説や環境説など、さまざまな学説があります。

 

1. グルタミン酸過剰説

身体のどこかを動かしなさいという命令は、脳から発信され、運動ニューロンを通して筋肉に伝えられます。ニューロンは、神経細胞体、神経細胞体から木の枝のように多数突き出している樹状突起、1個の神経細胞体から1本だけ伸びている軸索からできています。

軸索の端と隣の神経細胞の間には、シナプスと呼ばれるわずかな隙間があります。脳や末梢神経からの指令は、シナプスを介してニューロンが受け取ります。そして、電気信号として軸索に伝えます。

その電気信号は、またシナプスを介して次のニューロンに伝わっていきます。

このとき、軸の末端からグルタミン酸などが含まれた神経伝達物質という物質を出して、次のニューロンが受け取り、それが電気信号に変わっていくのです。

しかし、ALS患者の運動ニューロンは、シナプスから放出されるグルタミン酸(興奮性アミノ酸)を再度取り込む機能が阻害されます。そのため、神経細胞の外にあるグルタミン酸が過剰になり、神経細胞が死んでしまうのではないかと言われています。

 

2. 環境説

紀伊半島などで、ALSを発症する患者が他の地域より多く発生しました。そのため、環境の中にある何らかの要因が関係しているのではないかという説があります。

 

3. 神経栄養因子欠乏説

神経を成長させたり、傷ついた細胞を復活させたりするのに必要な栄養が少なくなることによって、運動ニューロンが壊されるのではないかと言われています。

 

4. 家族性/遺伝性説

ALSは90~95%が遺伝と関係なく発生します。家族性のALSは5%から10%です。家族性の一部に、活性酸素を分解する酵素を作る遺伝子の突然変異が見つかりました。なので、それが運動ニューロンが死んでしまう原因の一部ではないかという説があります。

 

まとめ

ALSの症状は、箸が持ちにくいなど小さな症状から始まることが多いです。その症状を見逃さないようにし、当てはまる症状があったら病院へ行くことをおすすめします。

原因については不明な点も多いですが、研究も進み、さまざまな説が考えられています。早く有効な治療法が確立され、ALSで苦しむ患者が減るといいですね。日頃から自分の体調をセルフチェックすることが大切です。

脳内マリファナは危険?脳への悪影響と医療を拓く可能性に迫る!

この記事では、マリファナの脳への悪影響や脳内マリファナの危険性、そして医療への応用などを解説します。

脳内にマリファナは悪影響を与えることが証明

スポーツやマラソンなど、過酷な状況に置かれた時に出てくるといわれる脳内マリファナ。マリファナというといわゆる大麻、つまり麻薬のことを指しますが、これが脳内から出てくるとは一体どういうことでしょう?またマリファナと脳内マリファナは何がどう違うのでしょうか?

実は今までマリファナは人体に影響があるとされていたものの、詳しいメカニズムは解明途中でした。しかし神経回路の分析に成功して、脳への悪影響がわかってきたと同時に、医療への応用もできる物質が含まれていることが最近の研究で明らかになってきたんです。

 

マリファナの作用?神経回路の分析に成功

神経回路の分析をした研究によると、マリファナの有効成分であるカンナビノイドが脳に悪影響を与えることが発見されたそうです。

具体的にはマリファナの有効成分であるカンナビノイドが脳の神経回路を構成するシナプスを退縮させてしまう効果があるとのこと。脳の神経回路が退縮するなんて、なんだか怖いですね。

 

カンナビノイドとは

カンナビノイドとはマリファナに含まれる精神作用物質のことです。マリファナによる精神への影響は、このカンナビノイドが脳内のカンナビノイド受容体と呼ばれるタンパク質に結合することで引き起こされます。

 

若いときは特に危険

若い年齢はまだまだ脳は発達途中です。脳の神経回路、シナプスが成長して脳内でさまざまな情報伝達ができるようになる年代ですね。そんな時にマリファナに含まれているカンナビノイドを取り入れてしてしまうと、シナプスが退縮してしまい脳の発達に大きな影響を与えてしまいます。マリファナは違法薬物ですが、脳への悪影響を考えると若い時は特に気をつけるべきでしょう。

 

「脳内マリファナ」って聞くけど……なに?

マリファナが精神作用を引き起こすためには、脳内のカンナビノイド受容体を活性化させないといけません。この活性化を引き起こす物質はマリファナに含まれるカンナビノイドだけでなく、脳内にもともとある「内因性カンナビノイド」という物質も知られています。

つまりマリファナの精神作用を引き起こす物質と同じ働きをする物質は、人間の脳にもともと備わっているんですね。この「内因性カンナビノイド」のことを通称脳内マリファナと呼びます。

 

「ランナーズハイ」は脳内マリファナが作用

長時間マラソンを続けていると気分の高揚、高ぶりを感じることがあります。この現象を「ランナーズハイ」と呼ぶのですが、これは脳内マリファナによって引き起こされているという研究結果があるんです!

マウスの実験によると、運動後は脳内マリファナつまり内因性カンナビノイドの数値が上昇、さらに不安感が緩和していることがわかりました。つまりマウスもランナーズハイになることがわかります。

次に脳内マリファナに作用を発揮させないためにカンナビノイド受容体の働きをブロックしたところ、マウスは運動後に落ち着かず痛みに敏感になったそうです。

このような実験を経て、ランナーズハイには脳内マリファナが作用していることがわかりました。

 

発達障害予防や治療薬として期待

脳内マリファナと呼ばれる内因性カンナビノイドは、脳の発達に重要な役割を果たしていることがわかったそうです。この内因性カンナビノイドはマリファナの類似物質ですから、研究が進めばマリファナに含まれる物質による発達障害予防や治療薬の進歩に繋がるでしょう。

 

「てんかん」という病気を抑制してくれる?

突然のけいれん発作を引き起こす病気として知られるてんかんのメカニズムには、脳の神経回路が関係していると考えられています。最近の研究では、脳内マリファナ(内因性カンナビノイド:2-AG)がけいれん発作の抑制や転換という病気そのものの抑制にも繋がる結果が示されています。

まだマウス研究の段階ですが、今後は脳内マリファナとその作用の研究からてんかん治療薬の開発、進歩が期待できるでしょう。

 

まとめ 結局、マリファナって脳には悪影響?良い影響?

この記事ではマリファナが及ぼす脳への悪影響、そして脳内マリファナとランナーズハイの関係や医療への応用の可能性について解説しました。

マリファナは日本で使用するのは違法ですし、脳には悪影響を与える物質だとわかりましたので嗜好品として使ってはいけませんね。

しかしながら研究によると脳内マリファナは脳の発達に重要な役割を果たしているため、発達障害予防の進歩やてんかん治療薬の開発にマリファナは重要な役割を果たす可能性もあります。

マリファナの使用は合法だとされている国も多く、アメリカのコロラド州やウルグアイ、カナダでも合法化されました。このように世界的にはマリファナ解禁の流れはあるもののギャングやマフィアの資金源になっているという声もあるようです。

マリファナの良い面が生かせるように、これからもどんどん研究が進んでいくと良いですね!

【肉好き注意】今年はE型肝炎患者が急増中!!気をつけたいジビエ料理とは

ジビエ料理にはE型肝炎が深く関係しているかも…という事実を皆さんご存知ですか?注意すべきは豚肉だけじゃない!?その実態を調査しました。肉好きさんにはたまらない、ジビエ料理に潜むE型肝炎の基礎知識や、食べる前に絶対に知っておくべき情報を紹介!

 

E型肝炎患者が急増!原因に最近人気のジビエ料理が関係か

国立感染症研究所の調べで、2016年1月~4月10日までのE型肝炎患者数が116人にのぼったとの結果を発表しました(昨年同時期と比較すると2.2倍)。厚生省からは、E型肝炎の原因となる豚肉の生食や生レバーの禁止が2015年6月に発表されています。しかし、患者数をみると減少どころか発生者が後を絶たない、むしろ過去最高だった昨年患者数よりも増加している理由はどうしてなのでしょうか。

 

そこには、最近ブームとなっており専門店も多くなってきた「ジビエ料理」が大きく関係しているようなのです。

楽しむ前に絶対知るべき大人気のジビエ料理とE型肝炎の関係、そしてE型肝炎の特徴や長い潜伏期間についてなど詳しく調査しました。

 

そもそもE型肝炎とは?なぜ豚の生食提供が禁止になったの?

2015年6月12日より、豚の肉や内臓(レバーなど)を生食用として販売・提供することを厚生労働省が食品衛生法に基づき禁止しました。

 

豚肉を生のまま食べたり、レバーや内臓なども刺身として食べると、食中毒のリスクがある上にE型肝炎ウィルスに感染するリスクがあるからです。

平成24年に牛レバーを禁止したことで、牛レバーの代わりに豚レバーを提供するお店が増えたのですが、今度は豚レバーを提供することでE 型肝炎ウィルスの感染者が増加する結果となったんですね。

 

あまり耳慣れないE型肝炎ウィルスですが、劇症化するという非常に危険性があるウィルスなのです。

 

E型肝炎とは?

E型肝炎は、E型肝炎ウイルス(HEV)ウイルスに汚染されている食品や水などを食べたり飲んだりすることで、感染し引き起こされる急性肝炎です。

B型肝炎とC型肝炎のような血液や性行為からの感染といわれているウィルス性肝炎と違い、食事などを介して経口感染します。

 

どんな症状?

感染により慢性化することはなく、死亡などのケースは低いそうですが、感染すると、仕事や料理、食事の摂取などの気力が低下すると言われています。一過性の発症となるため、通常2週間~2カ月くらいで自然消失や自然治癒が見られると言われています。

しかし、重症化や劇症化する場合も稀にあり、重症な急性肝疾患の場合、命に関わる可能性あるので注意が必要です。また、特に妊婦や高齢者が感染した場合発症した場合に劇症化する率が高いとされているようです。

他、以下のような症状も。

 

  • 黄疸
  • 食欲不振
  • 肝腫大
  • 腹痛と腹の張り
  • 嘔気や嘔吐
  • 発熱

 

潜伏期間や治療法について

 

潜伏期間

このE型肝炎の厄介なところは、潜伏期間が非常に長く2~9週間。

感染直後に発症するわけではなく、長い潜伏期間を経て発症するため、感染源の特定がつきにくい特徴があります。

 

治療法

残念ながらE型肝炎の治療法は現在なく、急性期の場合は入院したり安静に過ごしながら、自然治癒するまで待つしかないのです。

重症化した場合は、医療機関にて症状に応じた治療が行われますが、E型肝炎特有としての治療法はありません。

また、感染予防のためのワクチン等も開発はされていません。

 

一過性とはいえ、劇症化する可能性もあるE型肝炎に治療法がないだけに、その原因と特定されている食品に対する注意はとても重要と言えるのです。

 

なぜ危険?ジビエ料理とE型肝炎感染の関係

ジビエ料理とは

ジビエ料理というのは、狩猟によって捕獲した鹿やウサギ、野鳥などの料理のことをいい、欧米では飼育された素材を使用することが多いので、素材が少なくとても貴重な料理。

最近はジビエ料理専門店や、ジビエを特産物として売り出している自治体もあり、美味しいだけではなくヘルシーで栄養満点と空前のブームとなっている料理なのです。

 

注意!ジビエ料理の生食は危険

人気のジビエ料理ですが、実はこのジビエ料理で提供される鹿やイノシシなども豚肉同様、E型ウイルスに感染する危険性が非常にあります。

つまり、禁止されている豚肉だけでなく、野生のイノシシやシカの肉や内臓も、十分に加熱して食さなければE型肝炎を発症したり食中毒にかかるリスクは相当あるということなのです。

 

厚生労働省は、豚肉同様にガイドラインやマニュアルを作成していますが、強制力がないため鹿肉の刺し身などをメニューとして扱っているお店も今はまだあります。

しかし、危険性を十分理解し、生で食べるのは絶対にやめることをおすすめします。

十分に火の通ったジビエ料理を楽しむようにしてくださいね。

家庭でジビエを調理するときの注意点

ご家庭でジビエ料理を購入・調理する場合は、以下の注意点をご確認ください。

 

  • きちんと安全が確認されたルートから購入できるか
  • 許可された「処理施設」にて処理されているか
  • 適切に管理され、流通された商品であるか

 

また、調理の際には、必ず中心部まで熱を加える調理方法を行うようご注意ください。

(肉の中心部分:70~75度で1分以上の過熱)

通常の家畜食肉よりもリスクが高いことをしっかりと意識しながら調理してくださいね。

 

安全な方法でジビエ料理を楽しんで!

ジビエ料理は、内臓や肉を生でさえ食べなければ安全に美味しく食べられます。専門店もでき、和食からフレンチまで幅広く楽しまれるジビエ料理。危険性やリスクをしっかりと知れば、まったく心配なことはありません!

味が濃く美味しい、そして栄養価があるのにヘルシーなジビエ料理を楽しんでくださいね。

【性同一性障害の真相】性の多様化を理解しサポートしよう

性同一性障害の真相を知っている方は、日本または世界にどれくらいいるでしょうか。アナタの周りにも、性同一性障害を持っていても誤解を招くことを恐れて周りに言えずにいる人がいるかもしれません。性同一性障害の真相を知り、サポートしていきましょう。

性同一性障害ってどんな病気なのか真実を知ろう

性同一性障害の方をサポートするためには、まずその真相を知ることから始めましょう。

 

多様化する性

性同一性障害には、性の多様化がキーワードとして挙げられます。性的指向という、人の恋愛・性愛の対象がいかなるものに向くのかという概念が多様化しているのです。

男性が男性を好きになったり、女性が女性を好きになったりなどの同性愛、または両性愛などの性の多様化は少数派のものであり、偏見や差別の目を向けられるという真相があります。現在はこのような偏見・差別が不当であるとの見方が普及しつつありますが、依然として偏見や差別がなされているという問題があります。

 

生物学的違和感

性同一性障害は、生物学的な性自分の認識としての性が一致しないために支障をきたしている状態を言います。身体は男性であるのに、心は女性である。反対に、身体は女性であるのに心は男性である。このような生物学的な性と認識している性の不一致、生物学的違和感によって性が多様化していくのです。

 

性同一性障害の原因

そもそも性同一障害の原因は何なのでしょうか。実はその原因は今だ解明されていません。しかしホルモンバランス胎児期が深く関わっていることが研究の成果として明らかになってきました。

通常、赤ん坊が母親のおなかの中にいる頃に受けるホルモンの影響で、生殖器や脳が形成され性が決定します。

男の子を例にすると、受精後に自らによって作り出されたテストステロンという男性ホルモンを浴びて生殖器が形成されます。さらに母親の子宮内でエストロゲンという女性ホルモンを浴びます。そして出生する直前に、再びテストステロンを浴びますが、これは母親から分泌されるものです。

ここで脳が男性であると決まります。つまり男の子であれば、胎児期に2度に渡って男性ホルモンを浴びることになります。しかし2回目の男性ホルモンによる男性の脳の形成が不十分であると、身体と認識の性の不一致が起きてしまうと考えられています。

 

性同一性障害の症状

性同一性障害の具体的な症状としては、以下のものが挙げられます。

  • 異性の格好(服装など)をする
  • 異性の遊び(男の子が女の子の遊び、女の子が男の子の遊び)に興味を持つ
  • 異性の友人を作る
  • 女性であるがサラシを巻いて胸を隠す
  • 男性であるがヒゲが嫌でたまらなくなる

これらのように、自分の身体の性を認めたくない意識、あるいは嫌悪感や不快感などを感じることが症状として出てきます。身体的な性では無く自身の認識している性で社会に受け入れられたいという傾向があります。

 

治療方法

性同一性障害の治療は、日本精神神経学会によって規定されている診断・治療のガイドラインに沿って行われます。精神的な治療身体的な治療に二分類されますが、一般的には精神的な治療が先行して行われます。

身体的治療はホルモン療法などが挙げられ、女性としての認識を持っている方には女性ホルモンを、男性としての認識の方には男性ホルモンを投与していきます。ホルモン療法は、ある程度の年齢になってしまうと骨格が決定されるために効果が限定的になってしまうという面を持ちます。身体的にほぼ変わりのない子供のうちにこの治療を行うと、その効果が発揮され、身体も女性のように或いは男性のようになります。

大人の方は身体的治療を求める方が多く、精神的治療から身体的治療へ移行される方もいらっしゃいます。これについては、病院側のチームとの十分な検討により実現するものです。手術療法なども身体的治療の手段として存在します。

これらの治療は、性同一性障害を持つ方が自分らしく生きていくためのものであり、治療後のサポートも病院側の役割となっています。

 

性同一性障害検査と診断

性同一性障害の真相が見えてきましたね。しかし性同一性障害であるか否かはどのように判明するのでしょうか。実際は病院で検査を受けることが一番ですが、ここではその性同一性障害の診断が簡単にできるチェックリストを紹介します。もし不安な方がいらっしゃれば、確認してみてくださいね◎

 

性同一性障害診断チェックリスト

ここでの性の前提は、身体的な性であるとします。

 

  • 同性の友人との価値観に違いがある
  • 異性の友人が多い
  • 小説などの物語を異性の視点で見る
  • 異性として扱ってほしい
  • (男性であるが)男性の目が気になる
  • 自身の性に違和感を覚える
  • 自身の身体的な成長に不快感を覚える
  • 趣味が異性的である

 

これらに当てはまる数が多ければ性同一性障害の可能性は上がりますが、実は性同一性障害の診断は専門家でも困難です。あくまでも一種の判断材料であり、これによって決定される訳ではないことを忘れないでくださいね。自身の性に多少の違和感を感じても、生きている上で問題が無ければ性同一性障害ではないとの診断を受けることもあります。

 

自覚する時期は人それぞれ

性同一性障害は、その原因からもわかるように先天的なものですが、それを自覚するきっかけは本当に人それぞれと言われています。現在の性の認識に何も不信感が無くても、徐々に嫌悪感を抱いていくようになる事もあります。または自覚していても嫌悪感・不快感が無い方もいらっしゃいます。性同一性障害というものは、そのきっかけも症状も本当に人それぞれのようです。

 

よくある兆候

先ほど性同一性障害の具体的な症状を挙げました。それらに共通し、性同一性障害のよくある兆候としてはやはり自分の性に違和感を覚えること体の成長に不快感を覚えることです。この自身の身体的な性に対するマイナスな感情が兆候としてあらわれます。

 

恋愛関係や趣味は無関係

性同一性障害を持っている方は、恋愛に関しても心の性に従った異性を好むことがあります。しかしそれは全てのケースに言えることでは無く、恋愛関係や趣味が無関係である場合も多くあるんです。

恋愛対象というものは他者に向けられたものであるため、性同一性障害とは別のものとして考える見方があります。自覚する時期が人それぞれであるように、異性的な趣味を持っていても気にならない方もいらっしゃいますよね。この点で恋愛関係や趣味は性同一性障害と無関係なのです。

 

まとめ

性同一性障害について、その真相に迫ってきました。性同一性障害は先天的なものであり、それを自覚するタイミングや自覚してからの生き方も本当に人それぞれです。周りに相談しにくい病気でもありますね。差別的な目を向けるのでは無く、性同一性障害の真相を知り、理解の上でサポートしていくことが重要です。

妊婦への影響が怖いジカ熱はこれからどうなる?東南アジア感染拡大中のニュースも!

世界で猛威を振るうジカ熱ですが、ついにアジア、シンガポールに上陸でこれからどうなるのか徹底解説します!

ジカ熱が騒がれているのはこんな理由!

世界中で猛威を振るっているジカ熱は日本での感染は未だ確認されていないものの、世界を巻き込んだ感染の広がりに予断を許さない状況が続いていますよね。

ジカ熱は南米で流行が始まり、リオ五輪による感染拡大が懸念されたあげく一部選手は出場を見合わせるなど大きな不安を与えました。

この記事ではジカ熱の症状や恐ろしさ、そして多くの方が心配する妊婦への影響などをお伝えします。

 

ジカ熱とはそもそも何か?流行の始まりや感染ルート

ジカ熱は蚊から感染する病気?2013年にポリネシアで流行が始まった

ジカ熱は蚊を介して感染するウイルス感染症です。蚊を媒介する病気と言えば、マラリアやデング熱が有名ですから皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

リオ五輪が開催される南米で流行したため世界的に大きなニュースとなりましたが、実はこれまでもジカ熱は何度か流行しています。2007年にはミクロネシアのヤップ島で流行したあと、しばらくの間ジカ熱は息を潜めていました。

しかし2013年にポリネシアで10,000人の感染が確認され、翌年の2014年には地理のイースター島で流行して、ついに2015年にはブラジルなどを含む南米大陸で流行してしまいました。2016年はじめごろには、中央アメリカ、南アメリカ大陸、カリブ海の20の国と地域で感染が確認されています。

 

なぜジカ熱は南アメリカ大陸に渡ってしまったのか

南太平洋のポリネシアから南アメリカ大陸のブラジルとなれば数千キロ離れていますが、どうやってジカ熱が渡ったのでしょうか?

研究者の間では2014年のブラジルワールドカップ、あるいは2013年のコンフェデレーションズカップのとき、ポリネシア方面からの応援や観光客が持ち込んだのではないかと言われています。

 

ジカ熱のこんなところが恐ろしい!広がるリスク

感染者の80%は感染にすら気づかない!

感染後のウイルスの潜伏期間は3日?12日ですが、80%は感染しても症状が出てこないとのことです。つまり感染しても大半の人が気づかないところが本当に怖いですよね。

 

高熱にならず症状が軽い?感染が見つかりづらい

主な症状は発熱や関節炎ですが、38.5度以上の高熱になることは稀だそうです。このため症状が気にならなくてお医者さんにかからない方もいるでしょうから、感染発見の遅れや拡大に繋がりやすい病気です。これ以外の症状は目の充血なども見られるそうですよ。

熱と関節の痛みというとインフルエンザを思い出してしまいますね。日本では流行していないものの、熱は高くないけれど関節が痛いような症状があれば速やかに病院に行ったほうが良いと思います。

 

ジカ熱の治療は対症療法のみ?!

気になる治療ですが症状が軽いことや特効薬がないので、治療は発熱や関節の痛みを押さえるために解熱鎮痛剤を投与する程度の対処しかないそうです。

 

妊婦さんがかかると小頭症のリスクが50倍?!

ジカ熱の母子感染で赤ちゃんが小頭症になる

高熱が出ることは稀で、大半の人は感染していることにすら気づかないジカ熱ですが、妊婦さんがかかると大変なことになる可能性があります。

というのも、妊婦がジカ熱にかかると母子感染によって胎児がジカ熱に感染してしまい、胎児が小頭症になってしまうことがあるそうです。

小頭症の赤ちゃん、その母親の胎盤の双方からジカ熱ウイルスのRNAが発見されたことから、ジカ熱は小頭症の原因になると言われています。また、小頭症で亡くなった赤ちゃんの脳の組織からジカ熱ウイルスが検出されたという報告もありました。

 

小頭症になるリスクは50倍!

妊婦が妊娠初期(3ヶ月)にジカ熱に感染した場合、赤ちゃんが小頭症になるリスクは通常の50倍という研究結果もあります。別のニュースではおよそ10人に1人の割合で小頭症になるという結果も示されました。

健康な成人がジカ熱そのもので亡くなるケースは稀ですが、妊婦が感染してしまった場合は胎児への影響がとても大きいのが怖いところです。

 

世界の反響はこんなにすごい!

性交渉による感染が報告?感染拡大の原因になりそう!

蚊を媒介して感染するジカ熱。感染を防ぐためにはデング熱流行の際に言われた時の対策と同様、蚊に刺されないような工夫が大切です。しかし最近、ジカ熱の感染は蚊だけではなく、性交渉を通じて感染することがわかったため大変な衝撃を与えました。

 

流行地域から帰国後も8週間は要注意

このニュースを受けて厚生労働省は流行地域の滞在中はもちろん、帰国後も症状の有無にかかわらず最低8週間はコンドームを使用する、あるいは性行為そのものを控えるように呼びかけています。

 

東南アジアでジカ熱の感染拡大中

そしてジカ熱は東南アジアでの感染拡大も確認されています。タイでは2016年はじめに感染が確認された後、8月までに確認された感染者数は100人まで増えました。シンガポールでも80人を超えていて、さらに増えるのではと心配を呼んでいます。

 

寄生虫サナダムシの駆除薬が効く?!

その一方特効薬のないジカ熱に効くかもしれない薬が見つかったという明るい話題もあります。なんとサナダムシを駆除する薬がジカ熱ウイルスの増殖を防ぐ効果があるとのことで、実験が進められています。サナダムシを駆除する薬の歴史は古く、副作用が強くないので妊婦も服用できる点がとてもうれしいです。このような薬の研究と並行してワクチンの開発も急がれています。

 

まとめ

ミクロネシアから南アメリカ大陸に飛び火したジカ熱は東南アジアなど世界各国に感染が拡大しています。症状は比較的軽く、80%の感染者は症状が出ないなど気づきにくい病気ですが、妊婦が妊娠初期に感染した場合は小頭症の赤ちゃんが生まれる確率が50倍高まるなど恐ろしい結果を招く病気です。

性交渉による感染も報告されているため、蚊だけでなくコンドームの使用も推奨されます。日本では流行していないものの予断を許しません。これからも推移を見守りましょう!