妊婦への影響が怖いジカ熱はこれからどうなる?東南アジア感染拡大中のニュースも!

世界で猛威を振るうジカ熱ですが、ついにアジア、シンガポールに上陸でこれからどうなるのか徹底解説します!

ジカ熱が騒がれているのはこんな理由!

世界中で猛威を振るっているジカ熱は日本での感染は未だ確認されていないものの、世界を巻き込んだ感染の広がりに予断を許さない状況が続いていますよね。

ジカ熱は南米で流行が始まり、リオ五輪による感染拡大が懸念されたあげく一部選手は出場を見合わせるなど大きな不安を与えました。

この記事ではジカ熱の症状や恐ろしさ、そして多くの方が心配する妊婦への影響などをお伝えします。

 

ジカ熱とはそもそも何か?流行の始まりや感染ルート

ジカ熱は蚊から感染する病気?2013年にポリネシアで流行が始まった

ジカ熱は蚊を介して感染するウイルス感染症です。蚊を媒介する病気と言えば、マラリアやデング熱が有名ですから皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

リオ五輪が開催される南米で流行したため世界的に大きなニュースとなりましたが、実はこれまでもジカ熱は何度か流行しています。2007年にはミクロネシアのヤップ島で流行したあと、しばらくの間ジカ熱は息を潜めていました。

しかし2013年にポリネシアで10,000人の感染が確認され、翌年の2014年には地理のイースター島で流行して、ついに2015年にはブラジルなどを含む南米大陸で流行してしまいました。2016年はじめごろには、中央アメリカ、南アメリカ大陸、カリブ海の20の国と地域で感染が確認されています。

 

なぜジカ熱は南アメリカ大陸に渡ってしまったのか

南太平洋のポリネシアから南アメリカ大陸のブラジルとなれば数千キロ離れていますが、どうやってジカ熱が渡ったのでしょうか?

研究者の間では2014年のブラジルワールドカップ、あるいは2013年のコンフェデレーションズカップのとき、ポリネシア方面からの応援や観光客が持ち込んだのではないかと言われています。

 

ジカ熱のこんなところが恐ろしい!広がるリスク

感染者の80%は感染にすら気づかない!

感染後のウイルスの潜伏期間は3日?12日ですが、80%は感染しても症状が出てこないとのことです。つまり感染しても大半の人が気づかないところが本当に怖いですよね。

 

高熱にならず症状が軽い?感染が見つかりづらい

主な症状は発熱や関節炎ですが、38.5度以上の高熱になることは稀だそうです。このため症状が気にならなくてお医者さんにかからない方もいるでしょうから、感染発見の遅れや拡大に繋がりやすい病気です。これ以外の症状は目の充血なども見られるそうですよ。

熱と関節の痛みというとインフルエンザを思い出してしまいますね。日本では流行していないものの、熱は高くないけれど関節が痛いような症状があれば速やかに病院に行ったほうが良いと思います。

 

ジカ熱の治療は対症療法のみ?!

気になる治療ですが症状が軽いことや特効薬がないので、治療は発熱や関節の痛みを押さえるために解熱鎮痛剤を投与する程度の対処しかないそうです。

 

妊婦さんがかかると小頭症のリスクが50倍?!

ジカ熱の母子感染で赤ちゃんが小頭症になる

高熱が出ることは稀で、大半の人は感染していることにすら気づかないジカ熱ですが、妊婦さんがかかると大変なことになる可能性があります。

というのも、妊婦がジカ熱にかかると母子感染によって胎児がジカ熱に感染してしまい、胎児が小頭症になってしまうことがあるそうです。

小頭症の赤ちゃん、その母親の胎盤の双方からジカ熱ウイルスのRNAが発見されたことから、ジカ熱は小頭症の原因になると言われています。また、小頭症で亡くなった赤ちゃんの脳の組織からジカ熱ウイルスが検出されたという報告もありました。

 

小頭症になるリスクは50倍!

妊婦が妊娠初期(3ヶ月)にジカ熱に感染した場合、赤ちゃんが小頭症になるリスクは通常の50倍という研究結果もあります。別のニュースではおよそ10人に1人の割合で小頭症になるという結果も示されました。

健康な成人がジカ熱そのもので亡くなるケースは稀ですが、妊婦が感染してしまった場合は胎児への影響がとても大きいのが怖いところです。

 

世界の反響はこんなにすごい!

性交渉による感染が報告?感染拡大の原因になりそう!

蚊を媒介して感染するジカ熱。感染を防ぐためにはデング熱流行の際に言われた時の対策と同様、蚊に刺されないような工夫が大切です。しかし最近、ジカ熱の感染は蚊だけではなく、性交渉を通じて感染することがわかったため大変な衝撃を与えました。

 

流行地域から帰国後も8週間は要注意

このニュースを受けて厚生労働省は流行地域の滞在中はもちろん、帰国後も症状の有無にかかわらず最低8週間はコンドームを使用する、あるいは性行為そのものを控えるように呼びかけています。

 

東南アジアでジカ熱の感染拡大中

そしてジカ熱は東南アジアでの感染拡大も確認されています。タイでは2016年はじめに感染が確認された後、8月までに確認された感染者数は100人まで増えました。シンガポールでも80人を超えていて、さらに増えるのではと心配を呼んでいます。

 

寄生虫サナダムシの駆除薬が効く?!

その一方特効薬のないジカ熱に効くかもしれない薬が見つかったという明るい話題もあります。なんとサナダムシを駆除する薬がジカ熱ウイルスの増殖を防ぐ効果があるとのことで、実験が進められています。サナダムシを駆除する薬の歴史は古く、副作用が強くないので妊婦も服用できる点がとてもうれしいです。このような薬の研究と並行してワクチンの開発も急がれています。

 

まとめ

ミクロネシアから南アメリカ大陸に飛び火したジカ熱は東南アジアなど世界各国に感染が拡大しています。症状は比較的軽く、80%の感染者は症状が出ないなど気づきにくい病気ですが、妊婦が妊娠初期に感染した場合は小頭症の赤ちゃんが生まれる確率が50倍高まるなど恐ろしい結果を招く病気です。

性交渉による感染も報告されているため、蚊だけでなくコンドームの使用も推奨されます。日本では流行していないものの予断を許しません。これからも推移を見守りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です