正露丸の主成分「クレオソート」が劇薬って本当!?正しい知識教えます

正露丸はみなさん一度は目にしたことがありますよね。お腹が痛い!という時にまずは正露丸を飲む、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここではその正露丸に関する正しい知識をお伝えします。正しい知識・用法で服用しましょう!

"Traditional Chinese herbal medicine, xiao huo luo wan"
“Traditional Chinese herbal medicine, xiao huo luo wan”

正露丸が劇薬って本当!?詳しい成分教えます

正露丸は昔から使用されてきた常備薬で、その歴史は100年以上にものぼります。しかし、その正露丸が劇薬であるとのウワサがありますよね。

劇薬とは毒薬に次いで強い作用を持つお薬のことです。また、致死性の高い薬との見方も。なんだか不安になってしまいますよね。お腹の調子を良くする正露丸が劇薬だなんて、本当なのでしょうか?そのギモン、一緒に解決していきましょう◎

 

正露丸で今までに事故はあった?

正露丸が原因で起こってしまった事故は実際にありました。大分県の14歳の男の子の事例です。食中毒の症状が認められたため、自宅に常備してあった正露丸で3日間ほど様子を見ていました。しかしその後発熱し、激しい腹痛から入院となりました。その時男の子は重度の腸炎を引き起こしていたのです。

病院で内視鏡検査を行ったところ、腸内の炎症はとても酷く、腐食までも見られました。さらに腸内には黒い球状の物体が存在し、それを取り出してみると正露丸特有のにおいが確認されました。これは腸内が正露丸によって麻痺させられ、炎症を引き起こす物質が異常繁殖した結果だったのです。また、正露丸には粘膜腐食作用があると言われています。この作用も腸炎を悪化させる原因となりました。

他にも、自殺のために規定量の約4倍の量の正露丸を服用し、意識消失・溶血を起こしてしまった事例があります。薬は正露丸に限らず、決まった量以上を服用するのは大変危険です。医師の指導がない市販のお薬は特に注意しなければなりません。

しかもこの正露丸は規定量の2倍~4倍で中毒量に達してしまいます。もし誤って2倍の量を服用してしまうと、本当に危険なんです。このような事例は他にもいくつか見られ、市販のお薬では非常に珍しいと言えます。

 

大幸製薬に対して要望書を出した団体がある

正露丸の危険性やさまざまな事例を受け、正露丸を作っている大幸製薬に要望書を提出した団体があります。

 

薬害オンブズバーン会議が出した要望書

薬害オンブズバーン会議とは、民間の薬害防止を目的に活動しているNGO団体です。医師や薬剤師、弁護士、市民、そして薬害の被害を受けた方で構成され、製薬企業への要望書の提出の他、シンポジウム情報公開請求訴訟などを行っています。

その薬害オンブズバーン会議は正露丸に関するアンケート調査等を行い、日本学校薬剤師会に、学校薬剤師と正露丸の関与について要望書を提出しています。また、学校薬剤師のおよそ8割が正露丸の服用を奨励していないこと、そして9割近くは自らも正露丸を服用していないことをも明らかにしました。他にも、大幸製薬と厚生労働省に対し、正露丸の販売中止を求めて要望書を提出しています。それを受けて厚生労働省は、正露丸が関係しているとされる重篤な副作用の事例を認め、症状の詳細の情報開示を行いました。

 

がんの発症リスクを高める?「クレオソート」という成分

添付文書から見た「正露丸」の成分

正露丸には以下の成分が配合されています。

 

  • 日局木クレオソート 400mg
  • 日局アセンヤク末 200mg
  • 日局オウバク末 300mg
  • 日局カンゾウ末 150mg
  • 陳皮末 300mg

 

これらは、成人の一日の最大服用量(9粒)に含まれる成分、容量です。それぞれ、整腸作用や解毒作用、健胃作用などがあるとされていますが、一番多く含まれている日局木クレオソートとはいったいどのような成分なのでしょうか。

 

クレオソートってどんなもの?

クレオソートには2種類あります。1つは石炭から抽出される防腐剤としてのもので、工業用クレオソートと呼ばれます。木材の防腐剤として使用され、その使用は制限されています。このクレオソートとは異なるもう1つのクレオソートが正露丸に使用されます。木クレオソートはブナなどの原木を乾燥させて得られるものです。

この木クレオソートは殺菌作用が高いとされ、19世紀ごろのドイツでは外用消毒薬として用いられることもありました。その後、食肉の防腐剤として用いられる他、肺結核や鎮咳剤としても用いられました。このような特徴から、正露丸はクレオソートが腸内の殺菌をすることで効果を発揮しているとの見方がされるようになります。

しかし大幸製薬は、菌を殺さずに下痢を改善するとしています。近年の研究によって、木クレオソートが腸の運動を正常化し、水分調整をする機能があるとわかりました。また、腸内に届くクレオソールは微量であることから、善玉菌の成長を抑えるほどの力はないということが明らかになっています。クレオソート=危険という方程式は、2種類のクレオソートの混同から成るものだということがわかりますね。

 

服用時の注意事項

正露丸の添付書類には、用法・用量についての注意事項が掲載されています。それは決められた用法・用量を守ること小児に服用させる場合には保護者の監督のもとに行うこと、など服用量の誤りによって事故が起こらないようにするためのものです。

しかし、この他にも正露丸服用時の注意事項として確認していただきたいことがあります。それは他の薬との飲み合わせです。病院でお薬を処方してもらう際にも、現在飲んでいる薬はありますか?と尋ねられますよね。服用しているお薬1つ1つには害がなくとも、他のお薬を同時に飲んでしまうと極めて危険な状態になってしまいます。

特に気をつけていただきたいのは、バファリンです。こちらは鎮痛剤として有名ですよね。頭が痛い、お腹も痛い、という時、アナタならどうしますか?ここで、バファリンと正露丸の両方を飲んではいけません。正露丸はあくまで下痢止めのお薬です。鎮痛作用はないとされています。それに反してバファリンは鎮痛剤としてのお薬。ここではバファリンを服用するのが賢明です。

 

まとめ

正露丸が劇薬というのが本当なのか、その成分や服用の事例から調査してきましたが、長い間使用されてきた実績を考えれば、安全とは言いきれないまでも、問題はないと捉えてよいでしょう。しかしその製薬過程における実験などは、すべてが公表されているわけではありません。その不安性も含め、本当に必要な時に用法・用量を守って服用することが重要です。

今最も研究が盛んに行われているALSを知ろう【原因・症状】

ALSの原因や症状を知って、ALSについて詳しくなりましょう。ALSに苦しんでいる人は、世界中で12万人いると言われています。私たちにとってはあまり聞きなじみのない病気かもしれませんが、近年研究が盛んに進められています。

als

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をあなたは知っていますか?

ALSと聞いて、あなたは何の病気かすぐに分かりますか?ぱっと思いつく方は少ないでしょう。ALSとは、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロンが侵される病です。

運動ニューロンが侵されると、手足、喉、舌など身体中の筋肉や、呼吸に必要な筋肉が徐々に痩せていき、力がなくなっていきます。そのとき、身体の感覚や知能、視力、聴力、内蔵機能は健全なままです。有効な治療法はまだ発見されていない難病で、世界中の12万人、国内でも9千人がALSで苦しんでいます。発症してからの平均寿命は3~5年です。

 

世界中で流行ったアイスバケツチャレンジ

一時期、アイスバケツチャレンジというものがニュースなどでも取り上げられていました。アイスバケツチャレンジとは、ALS啓発活動の一つです。オバマ大統領やケネディ一家など、著名な方々も参加しました。

ルールは、①指名されたら、バケツ一杯の氷水を頭からかぶるか、ALS団体に寄付をする。②友達を3人指名してチャレンジを促す。といったものです。氷水をかぶるのは、目を覚ましてALSの現状を知ろうというメッセージが込められています。

 

ALSの症状

 

初期

手足の力が入りにくくなる

ALSの患者の75%に、この症状が初期症状として現れます。箸が持ちにくく感じたり、重いものを持てないといった症状や、手足の腫れ、筋肉の痛みや突っ張りなどの症状を自分で感じるようになります。

 

球麻痺

話しにくくなったり、食べ物が飲み込みにくくなることを球麻痺と言います。25%の患者が初期症状として球麻痺が出現し、次のような症状が現れます。

 

【コミュニケーション障害】

舌の動きが思いどおりにならず、言葉が不明瞭になります。特に、「らりるれろ」「ぱぴぷぺぽ」の発音がしにくくなります。

 

【嚥下障害】

舌や喉の筋肉が弱くなってしまうため、食べ物や唾液が飲み込みにくくなります。むせることも多くなります。

 

症状が進むと

運動、コミュニケーション、嚥下、呼吸の4つすべての症状が現れるようになります。たとえば、運動障害が最初に現れた患者の場合は、次第に手足がやせて力が入らなくなっていき、歩いたり動いたりすることが困難になっていきます。さらに症状が進むと、食べ物を飲み込んだり、言葉を発することが難しくなっていきます。食べ物が飲み込みにくくなると、チューブで栄養をとる場合もあります。だんだんと全身の筋肉の力が弱くなり、自力では起き上がれなくなってしまいます。

また、呼吸障害も出てきます。夜あまり眠れなくなったり、頭が重いと感じるのは呼吸を行う筋肉が衰えているサインです。症状が進むと、仰向けでは眠れなくなったりします。さらに症状が進むと、自力では呼吸がうまくできなくなり、人工呼吸器を使わないといけなくなります。

 

ALSの初期症状チェックリスト

以下の症状に当てはまるか、チェックしてみましょう。

  • 足、腕、手が痺れる
  • 腕が上がりにくい
  • 足がよくつる
  • 就寝時、息苦しさを感じる
  • 少しの運動で疲れやすい
  • 転びやすい
  • 手で物をつかみにくい

当てはまる症状があったら、一度神経内科を受診することをおすすめします。

 

ALSの原因

ALSの原因はまだ分かっていませんが、神経の老化と関連があると言われています。また、グルタミン過剰説や環境説など、さまざまな学説があります。

 

1. グルタミン酸過剰説

身体のどこかを動かしなさいという命令は、脳から発信され、運動ニューロンを通して筋肉に伝えられます。ニューロンは、神経細胞体、神経細胞体から木の枝のように多数突き出している樹状突起、1個の神経細胞体から1本だけ伸びている軸索からできています。

軸索の端と隣の神経細胞の間には、シナプスと呼ばれるわずかな隙間があります。脳や末梢神経からの指令は、シナプスを介してニューロンが受け取ります。そして、電気信号として軸索に伝えます。

その電気信号は、またシナプスを介して次のニューロンに伝わっていきます。

このとき、軸の末端からグルタミン酸などが含まれた神経伝達物質という物質を出して、次のニューロンが受け取り、それが電気信号に変わっていくのです。

しかし、ALS患者の運動ニューロンは、シナプスから放出されるグルタミン酸(興奮性アミノ酸)を再度取り込む機能が阻害されます。そのため、神経細胞の外にあるグルタミン酸が過剰になり、神経細胞が死んでしまうのではないかと言われています。

 

2. 環境説

紀伊半島などで、ALSを発症する患者が他の地域より多く発生しました。そのため、環境の中にある何らかの要因が関係しているのではないかという説があります。

 

3. 神経栄養因子欠乏説

神経を成長させたり、傷ついた細胞を復活させたりするのに必要な栄養が少なくなることによって、運動ニューロンが壊されるのではないかと言われています。

 

4. 家族性/遺伝性説

ALSは90~95%が遺伝と関係なく発生します。家族性のALSは5%から10%です。家族性の一部に、活性酸素を分解する酵素を作る遺伝子の突然変異が見つかりました。なので、それが運動ニューロンが死んでしまう原因の一部ではないかという説があります。

 

まとめ

ALSの症状は、箸が持ちにくいなど小さな症状から始まることが多いです。その症状を見逃さないようにし、当てはまる症状があったら病院へ行くことをおすすめします。

原因については不明な点も多いですが、研究も進み、さまざまな説が考えられています。早く有効な治療法が確立され、ALSで苦しむ患者が減るといいですね。日頃から自分の体調をセルフチェックすることが大切です。

ギックリ背中の対処法教えます!正しい処置で早期回復を図ろう

「ギックリ背中」って聞いたことありますか?ギックリ背中は、ギックリ腰のように重い物を持った時だけではなく、日常の動作の中でいつでも発症しうる可能性があります。今回の記事では、そんなギックリ背中の症状や対処法を詳しく見ていきましょう!

ギックリ背中って知ってる?

まずは、何よりもギックリ背中ってどんな時に起こるものなのか、ギックリ腰が起こっている時の背中の筋肉の状態や、よく比較されるギックリ腰との違いなどについて知っていきましょう!

 

普段なにげない生活の中で突然……

ギックリ腰がよく発症するのは、重いものを持ち上げた時や、スポーツなどによって、使っていなかった筋肉を急に使うことによって起こることが多いですよね。しかし、ギックリ背中はそのような時だけではなく、高いところにあるものに手を伸ばしてとろうとした時や、睡眠時の寝違えや、変な姿勢で寝ていたことが原因でなる時もあります。

 

また、くしゃみや咳をした時にも、その背中の筋肉の動きの反動でなったりもします。ギックリ背中は、ギックリ腰よりももっと身近なところにあっていつ発症するか予測がつかないタイミングで起こったりもします。

 

ぎっくり背中とは軽度の肉離れ

ギックリ背中になった時、一体背中の筋肉にどのような状況が起こっているのでしょうか?ギックリ背中になった時、背中の表層から深部にある筋肉や筋繊維を包んでいる様々な筋膜に衝撃が加わって微細断裂(俗に言う肉離れ)状態を起こしています。

 

ぎっくり背中とギックリ腰は根本的に違う

ここまで見てきたようにギックリ背中は、筋膜の微細断裂(肉離れ)がその原因でした。しかし、ギックリ腰は微細断裂が原因になることもありますが、椎間板ヘルニアや腰椎捻挫などもその原因とされています。ギックリ背中は普段からたまっていた疲れが発症の原因とされており、誰にでも、いつでも起こりやすいという特徴があるようです。

 

ギックリ背中になりやすい身体の状態

では、ギックリ背中が発症しやすい時は身体がどのような状態になっているのでしょうか?

 

日頃の運動不足

ギックリ背中は運動不足などで背中の筋力が弱っていた時に、急な負担が加わることによって起こるとされています。これを防ぐには、日頃から、ストレッチをはじめとした様々な運動をして背中の筋力をつけておくようにしましょう!なかなか運動の時間がとれないという人にも適したトレーニング方法が様々ありますので、継続しやすいものを探して取り組むと良いでしょう。

 

ストレスや緊張で筋肉が硬くなっている

ギックリ背中には筋肉の硬直が原因の一つとされていますが、筋肉の硬直はストレスや過度の緊張状態によっても起こります。ストレスもギックリ背中を起こす原因になるんですね。

 

猫背などの普段の姿勢が筋肉の硬直させる

気が付けば猫背になっている人も注意が必要です。猫背になると重心がかかる箇所が偏ってしまい、様々な場所に負担がかかってしまいます。また、猫背になっている状態から急に背中の筋肉に刺激が加わると、その刺激から微細断裂が起こる可能性も高くなります。ついつい楽な姿勢に落ち着いてしまっているという人は、美しい姿勢を保つように日頃から心がけるように改めてみましょう。

 

ギックリ背中になってしまいやすい原因

もともと、普段からギックリ背中になりやすい要素が蓄えられていたところに、あることをキッカケとして発症してしまうギックリ背中…。では、その「あること」とはどんなことでしょうか?

 

寝違え

まず、あげられるのが寝違えですね。筋力が弱っていたところに寝違えを起こすことによってもギックリ背中は発症します。

 

急な運動

あまり運動をしない状態が続くと、筋肉が固まってしまっているような状態になります。そこで急な運動をすると筋肉が引っ張られ、筋繊維が傷ついてギックリ背中が起こるという原因になります。特に、腕を伸ばして体を捻るようなスポーツだと起こりやすくなります。これにより、運動の前に準備運動が必要とされるゆえんでもあります。

 

重い荷物

実は、重い荷物を持った時がぎっくり腰になる可能性がとても高いのです。特に、重い荷物や大きい荷物を地面から持ち上げたり、高い所にある荷物を持ち上げる時は気をつけましょう!

 

くしゃみと咳

くしゃみや咳をした反動によってギックリ背中になることもよくあります。くしゃみや咳をする時は無意識に大きな動作をとります。その動きが大きいと胸に負担がかかると共に背中の筋肉を傷つけてギックリ背中を起こしてしまいます。

 

ギックリ背中なってしまった時の対処法

ここまで、ギックリ背中の原因を見てきました。これらの原因の対策を抑えて、できるだけギックリ背中にならないようにしたいものですが、それでもギックリ腰になってしまった時はどうすればいいのでしょうか?ここから見ていくことにしましょう。

 

RICE処置

ケガをした時の応急手当として医療界で浸透している用語にRICE処置というものがあります。この処置の方法はギックリ背中にも有効です。

 

【Rest(安静)】

ケガを負った後はできるだけ動かさないようにして安静にします。

 

【Ice(冷却)】

氷やスプレーなどでケガをした所を冷やします。スポーツ選手がよくやっていますね。また、逆に温めることは良くないとされています。これに関連して、体を温める効果があるアルコールはギックリ背中になった時はできるだけ控えるのが良いでしょう。

 

【Compression(圧迫)】

ケガをしたところを圧迫して内出血したり腫れたりするのを抑えるようにします。

 

【Elevation(挙上)】

字のとおり上に挙げます。この時、心臓よりも高いところにケガをした場所を上げるようにします。炎症を起こしたり、腫れたりするのをできるだけ抑えるためには、心蔵からできるだけ血液が送られてこないように重力に逆らう体勢をとります。

 

安静にする

RICE処置でも一番目にくる「安静」。ギックリ背中でも、まずは無理をして動かないことが大切です。

 

楽な姿勢をとる

安静にする時にできるだけ楽な姿勢をとるようにしましょう。この時、仰向けよりはうつ伏せになるのが良いとされています。

 

マッサージは逆効果

肩こりの時のように、マッサージをすると痛みがほぐれるのではないか?と思いますよね?しかしギックリ背中の場合はマッサージをすると筋肉を傷つけてしまう可能性もあり逆効果です。触らないようにしましょう。

 

「痛みが引いた」=「治った」ではない

ギックリ背中は一度起こすとふとしたことで再発しやすいと言われています。痛みが引いたとしても、油断せずに、日常的に筋肉トレーニングなどで筋力を鍛えていくことで、再発をとどめることができます。

 

ギックリ背中に予防として心がけたいポイント

一度起こしてしまうと、再発の可能性もあるギックリ背中。できるだけギックリ背中にならないようにしたいものですよね。ここでは、ギックリ背中を起こさないためのポイントについて確認していきましょう!

 

運動不足の改善

ギックリ背中は運動不足によって筋肉が固まってしまった状態から、急な運動をすることで起こるものでした。まずは、何よりも日頃から運動をすることによって筋力を鍛え、ギックリ背中が起こる原因を作らないことが大切でしょう。

 

重い荷物を持つ時の注意点

重たいものを持つ時は、急に背中の筋肉に負担がかからないように気をつけながら、ゆっくりと持ち上げるようにしましょう。この時、背筋は伸ばした状態で、足の屈伸を使って持ち上げるように持つのが良いでしょう。

 

普段の姿勢改善

猫背の人もギックリ背中になりやすい特徴がありました。体のどこかに偏った重心や負担をかけることは背中の筋肉を傷めやすい原因をつくります。日頃から、美しい姿勢づくりを心がけてゆきましょう。

 

2週間経っても痛みが全然引かない時は違う病気を疑おう

ここまで、ギックリ背中の症状や原因、改善法などを見てきましたが、処置をして2週間たつけれども痛みが引かない場合は他の病気の可能性もあります。ここでは、具体的にどのような病気が考えられるか確認していきましょう。

 

朝背中が痛い

朝起きると背中に痛みを感じる時は、他の病気の可能性もあります。筋肉痛の他には、神経からくる肋間神経痛の可能性もあります。胸が苦しかったり、呼吸がつらかったりするとその可能性が高まります。また、呼吸をすると痛い場合や、下半身への痛みがある場合は肋骨や背骨にヒビが入っていたり、折れている可能性も考えられます。あまり気になるようであれば、早めに病院で見てもらいましょう。

 

右の背中が痛い

背中の右側だけが痛む時も、次の病気が考えられます。少しおかしいと思ったら病院に行きましょう。特に、体を動かしていないのに痛みが生じる場合は、内臓からの痛みが来ていることが考えられます。

 

  • 肝炎
  • 急性肝炎
  • 胆石症
  • 胆のう炎
  • 肝臓ガン
  • 胆管ガン

 

左の背中が痛い

同じように左側だけが痛い時には以下の病気の可能性が考えられます。狭心症の場合は、発作的な痛みが生じます。また、その発作が長く続くようであれば、心筋梗塞の疑いもあります。吐き気や嘔吐は胃の病気か、膵炎やすい臓がんの可能性が考えられます。

 

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃炎
  • 神経性胃炎
  • 狭心症
  • すい臓がん
  • 心筋梗塞
  • 胃がん
  • 膵炎

乳がんに効果的って本当?「ER分解液」のヒミツ

乳がんは女性の病気として深刻性が叫ばれていますが、その乳がんに「ER分解液」が効果的であるとの報告が出ているんです。早期発見が重要で、治る確率も低い乳がん。「ER分解液」が乳がんに効果的なのは本当なのでしょうか。

乳がんは年々増加している?

乳がんの患者数は、年々増加の一途を辿っています。厚生労働省の統計結果によると、2002年の乳がん患者数は約42,000人。しかし2010年には約76,000人に増加し、2011年には81,000人を越え、最新のデータである2012年には82,000人を超えています。

患者数はここ10年の間に2倍となりました。また、全国がん罹患数・死亡数・有病数将来推計値(2010~2029)によれば、乳がんの有病者は2024年まで増加するとのデータがあります。

これまで2倍にも膨れ上がった乳がん患者数ですが、この先も増え続けるとの予測もされているんですね。生涯に乳がんを患う可能性のある日本人女性は、12人に1人(2010年)とも言われています。他人事ではない気がして不安ですよね。では、そもそも乳がんの原因とは何なのでしょうか。

 

乳がんの原因はそもそもなに?

乳がんの発生や成長には、主に「エストロゲン」という性ホルモンが密接に関わっています。乳がんとは遺伝子の病であり、細胞において遺伝子の何らかの異常が起こることで発がんします。この体内のエストロゲン・レベルが高かったり、経口避妊薬の利用、ホルモン投与などを行うと乳がんの発がんリスクが高くなります。

では、エストロゲンと遺伝子が乳がんとどのように関わっているのか詳しくご紹介します。

 

主に「エストロゲン受容体」が関係

エストロゲンは乳房や乳腺の発達に必要不可欠なホルモンです。エストロゲンの影響で9歳ごろから乳房の発達が促されます。その分泌は妊娠などで高値に保たれますが、分泌のピークは20代後半。その後は減少します。40代に入るとさらに減少しますが、エストロゲンは産出され続けています。

分泌は続いているものの、その数値は急激に低下しており、このエストロゲンを少しでも多く受容しようとエストロゲン受容体が乳菅上皮細胞に増加します。エストロゲン受容体と結びついたエストロゲンは細胞に異常をもたらします。細胞の増殖や分化などの異常が繰り返されることで発がんするのです。

一度現れたエストロゲン受容体は乳菅上皮細胞に残り続けるため、乳がんの発がんする可能性もなくなることはないのです。これは乳がんの再発が多いことの1つの理由でもあります。

 

「ER分解液」はエストロゲン受容体を持つがん細胞に有効

女性なら誰でも発がんするリスクがある乳がんですが、実は乳がんの原因であるエストロゲン受容体を持つがん細胞にER分解液が有効であると発見されたのです。

これはアメリカのワイルコーネル大学医学部の研究グループが発表したものであり、ER分解薬としてGDC-8010という新薬が開発されました。ERとはエストロゲン受容体のことで、このエストロゲン受容体を分解するというアプローチがなされたのです。

エストロゲンとエストロゲン受容体が結びつかないようにする薬はこれまでに存在していましたが、そもそもエストロゲン受容体を分解してなくしてしまうというのは初めての試みです。乳がんの原因ごとなくしてしまうため、がんの治療に有効であるのは一目瞭然ですね。

エストロゲンとバストアップの関係については、↓のサイトが詳しいです。

>バストアップ情報で日本1のチコリ

 

アメリカではすでに臨床試験で成果を出している

乳がんに有効であると分かってはいても、新薬となればその安全性が確保されているのか、実際に効果が出るのか疑問に思いますよね。実はこのER分解薬、既にアメリカで臨床試験が行われその有効性や安全性が検証されています。

 

臨床試験では効果が認められた

ER分解薬の開発を行ったアメリカの研究グループは、実際に乳がんが発がんし、その進行や転移も認められる41人の女性に対し検証を行いました。これは人に対してER分解液を使用する初めての実験であり、その安全性を確かめながら薬の投与量などを検証していくものです。まずは1日に1回から2回、空腹時とそうではない時に分けて投与を行いました。

検証の結果、エストロゲン受容体とがん細胞の減少が確認され、また転移が見られていた病巣が縮んでいることも確認されました。この臨床試験によって、ER分解液の効果が認められたことになります。また、1日の投与量としては、1日に1回、非空腹時に600mgとされ、この量が人が使用しても安全であるとされました。

なお、副作用としては下痢や嘔吐、疲れなどが見られます。今後もさらに人数を増やして検証を行い、その有効性を確かなものにするべく活動が行われます。

 

従来の薬以上の効果が期待されている

乳がんの治療に従来使用されてきた薬には、抗がん剤、ホルモン剤、分子標的治療薬などがあります。これらの中でもホルモン剤が特にエストロゲン・エストロゲン受容体へ作用するものです。しかし実際にはエストロゲン受容体がエストロゲンと結びつこうとするのを阻害するのみで、根本的な解決には繋がらないものでした。また、乳がんの原因はエストロゲン受容体と対応する遺伝子に異常が発生することでしたが、そもそもこの遺伝子の異常が見られると薬が効きにくいという大きな難点がありました。

それに対しER分解液は遺伝子に異常がある場合でも効果を示す可能性があらわれています。このER分解液はこれまで使用されてきた薬以上の効果が期待されています。

 

まとめ

成人女性であれば誰でも発病する可能性があり、再発のリスクが高いと言われている乳がん。しかしこのER分解液の有効性が発見されたことで、完治への希望が見えましたね。日本でも使用が一般化され、その効果が発揮される日に期待が高まります。乳がんが治る病気となれば女性にとっても幸いです。

脳内マリファナは危険?脳への悪影響と医療を拓く可能性に迫る!

この記事では、マリファナの脳への悪影響や脳内マリファナの危険性、そして医療への応用などを解説します。

脳内にマリファナは悪影響を与えることが証明

スポーツやマラソンなど、過酷な状況に置かれた時に出てくるといわれる脳内マリファナ。マリファナというといわゆる大麻、つまり麻薬のことを指しますが、これが脳内から出てくるとは一体どういうことでしょう?またマリファナと脳内マリファナは何がどう違うのでしょうか?

実は今までマリファナは人体に影響があるとされていたものの、詳しいメカニズムは解明途中でした。しかし神経回路の分析に成功して、脳への悪影響がわかってきたと同時に、医療への応用もできる物質が含まれていることが最近の研究で明らかになってきたんです。

 

マリファナの作用?神経回路の分析に成功

神経回路の分析をした研究によると、マリファナの有効成分であるカンナビノイドが脳に悪影響を与えることが発見されたそうです。

具体的にはマリファナの有効成分であるカンナビノイドが脳の神経回路を構成するシナプスを退縮させてしまう効果があるとのこと。脳の神経回路が退縮するなんて、なんだか怖いですね。

 

カンナビノイドとは

カンナビノイドとはマリファナに含まれる精神作用物質のことです。マリファナによる精神への影響は、このカンナビノイドが脳内のカンナビノイド受容体と呼ばれるタンパク質に結合することで引き起こされます。

 

若いときは特に危険

若い年齢はまだまだ脳は発達途中です。脳の神経回路、シナプスが成長して脳内でさまざまな情報伝達ができるようになる年代ですね。そんな時にマリファナに含まれているカンナビノイドを取り入れてしてしまうと、シナプスが退縮してしまい脳の発達に大きな影響を与えてしまいます。マリファナは違法薬物ですが、脳への悪影響を考えると若い時は特に気をつけるべきでしょう。

 

「脳内マリファナ」って聞くけど……なに?

マリファナが精神作用を引き起こすためには、脳内のカンナビノイド受容体を活性化させないといけません。この活性化を引き起こす物質はマリファナに含まれるカンナビノイドだけでなく、脳内にもともとある「内因性カンナビノイド」という物質も知られています。

つまりマリファナの精神作用を引き起こす物質と同じ働きをする物質は、人間の脳にもともと備わっているんですね。この「内因性カンナビノイド」のことを通称脳内マリファナと呼びます。

 

「ランナーズハイ」は脳内マリファナが作用

長時間マラソンを続けていると気分の高揚、高ぶりを感じることがあります。この現象を「ランナーズハイ」と呼ぶのですが、これは脳内マリファナによって引き起こされているという研究結果があるんです!

マウスの実験によると、運動後は脳内マリファナつまり内因性カンナビノイドの数値が上昇、さらに不安感が緩和していることがわかりました。つまりマウスもランナーズハイになることがわかります。

次に脳内マリファナに作用を発揮させないためにカンナビノイド受容体の働きをブロックしたところ、マウスは運動後に落ち着かず痛みに敏感になったそうです。

このような実験を経て、ランナーズハイには脳内マリファナが作用していることがわかりました。

 

発達障害予防や治療薬として期待

脳内マリファナと呼ばれる内因性カンナビノイドは、脳の発達に重要な役割を果たしていることがわかったそうです。この内因性カンナビノイドはマリファナの類似物質ですから、研究が進めばマリファナに含まれる物質による発達障害予防や治療薬の進歩に繋がるでしょう。

 

「てんかん」という病気を抑制してくれる?

突然のけいれん発作を引き起こす病気として知られるてんかんのメカニズムには、脳の神経回路が関係していると考えられています。最近の研究では、脳内マリファナ(内因性カンナビノイド:2-AG)がけいれん発作の抑制や転換という病気そのものの抑制にも繋がる結果が示されています。

まだマウス研究の段階ですが、今後は脳内マリファナとその作用の研究からてんかん治療薬の開発、進歩が期待できるでしょう。

 

まとめ 結局、マリファナって脳には悪影響?良い影響?

この記事ではマリファナが及ぼす脳への悪影響、そして脳内マリファナとランナーズハイの関係や医療への応用の可能性について解説しました。

マリファナは日本で使用するのは違法ですし、脳には悪影響を与える物質だとわかりましたので嗜好品として使ってはいけませんね。

しかしながら研究によると脳内マリファナは脳の発達に重要な役割を果たしているため、発達障害予防の進歩やてんかん治療薬の開発にマリファナは重要な役割を果たす可能性もあります。

マリファナの使用は合法だとされている国も多く、アメリカのコロラド州やウルグアイ、カナダでも合法化されました。このように世界的にはマリファナ解禁の流れはあるもののギャングやマフィアの資金源になっているという声もあるようです。

マリファナの良い面が生かせるように、これからもどんどん研究が進んでいくと良いですね!